迷える30代後半、奮闘する

アメリカ滞在、IT関連情報など自分向けに整理した内容をブログという形でアウトプットしたものです

アメリカで高く飛ぶ

会社から異動の話をいただいた。 思ってもいないタイミングで、思ってもいない部署・仕事内容だった。 それまではカスタマーサポート部門でマネージャとして働いていたのだが 打って変わってソフトウェア開発部門に移り、 アメリカ西海岸にある協力会社と一緒になって開発をするというものだった。 しかもその開発を通じて経験値を上げ、最終的には会社に新たなプロダクトをもたらすというゴールも与えられた。

何年か前にソフトウェア開発部門に在籍はしていたものの、そこまでがっつりとコーディングをしていなかったし 最近のソフトウェア業界の事情にもキャッチアップできていないし、ビジネスサイドの知識も不十分ということで 自分には果てしない話のように思えた。

しかしながら、せっかくこのような機会を与えていただいたので どうにか自身を鼓舞しながら大きなゴールに向かって進んで行きたいと思う。

まずは英語だな。